menu
かんたん
かんたんのゆめ

日豊本線BVE5 テスト版更新

公開日:2011年09月06日 カテゴリー:BVE, ダウンロード系 タグ:

 

BVE5に向けて(仮)|日豊本線BVE5 テスト版

BVE5正式版(Bvets5.0)の公開に伴って案の定ファイルが使えなくなっていたので、突貫で対応しました。

ついでなので別府駅での特急もどきの退避テストも入れてみました。(im0.8から可能でした)

まだBVE2/4と比べると対応していない機能も多く、いきなり主流にはならないとは思いますが、出来ることは格段に増えているので、作り慣れてきたらメインにしていきたいですね。(原状自動ブレーキが正式機能とされてないので気動車はできませんが・・・)

一応BVE5専用の新規路線もぼちぼち作っていますが、まぁ案の定いつになるかは全くわかりませんので、ご了承をば・・・
少なくとももう一回取材に行かないと・・・

コメント

  1. エクセレ より:

    初めましてエクセレ(ニコ動でのアカウント名:エクセレントライナー)といいます。
    運転する前にエラーを確認して、エラーになっているオブジェクトを修正してから運転しました。

    以下、エラーの修正方法。
    必要なソフト(Windowsにデフォで入っているソフトは除く)
    ・Xモデラー(Xファイル作成・編集ソフト)
    ・BatchGOO!(画像相互変換ソフト)
    エラーとなっているオブジェクトのテクスチャを「BatchGOO!」でBMPに変換。(変換前のBMPがあるのなら、それをコピーしてオブジェクトと同じフォルダに置く)
    エラーとなっているオブジェクトをメモ帳で開いてCtrl+Hで文字列の置き換えのウインドウ
    を表示して、検索する文字列に「PNG」、置き換え後の文字列に「BMP」を入力して、
    すべて置き換えをクリックして、置き換えして上書き保存。
    ↑が終わったら
    オブジェクトを「Xモデラー」で開き、右側にある頂点リストの一番下の方に、
    番号が無い部分があるので、■マークの上でダブルクリックして「この面を削除」をクリックして上書き保存(フロッピーディスクのマーク)。
    保存したらオブジェクトを再びメモ帳で開きCtrl+Hで文字列の置き換えのウインドウ
    を表示して、先ほどとは逆に検索する文字列に「BMP」、置き換え後の文字列に「PNG」を
    入力して、すべて置き換えをクリックして、置き換えして上書き保存して完了です。
    後はBVE5を起動してエラーがでないか確認して終わり。

    長文失礼しました。

    • NT/fiv より:

      >エクセレさん
      コメントありがとうございます。無駄な頂点が云々だとは思っていましたが、こうすれば簡単に修正できたのですね。
      次回更新時に反映および、この方法についてもまとめておきたいと思います。大変助かりました!

NT/fiv にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

アーカイブ

カテゴリー