Top > BVE Trainsimとは
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • BVE Trainsimとは へ行く。

&attachref(bvetop.png,nolink,BVEバージョン一覧);

mackoy氏によって製作された、フリーウェア(無料)の鉄道運転シミュレーター。
2000年にVer.1が公開され、現在最新版はVer5.6となる。
旧Verでは2と4が公開されており、それぞれに対応した路線データが多数公開されている。

公式サイト:http://bvets.net/
&br;
**BVEの歴史 [#v3262091]
***BVE1以前 [#x097f9e5]
&attachref(history1.gif,nolink,BVEの最初);
1996年にN88-BASICで製作されたのが始まり。
1997年にQuickBASIC、1999年にはVisualBasicでWindowsに移植、当時は一般公開されていなかった。

***BVE1(暴走ビューエクスプレス) [#hd072621]
&attachref(banner1.gif,nolink,BVE1時代のバナー);
2000年公開。懐かしのrw構文やb3d構文。起動時にアレのメロディーが流れた。
〜1.22。Flange音や自動ブレーキに対応したのは最終版だった。ほぼ互換のBVE2に移行して公開終了。
***BVE2 [#safe352b]
2001年公開。BVE1の発展型。構文がCSVになり若干変わる。
BVE2.5でストラクチャ上限が65536になる。BVE2.6でモーターのインデックスが8から16になる。
現在でもBVE2の新規データ公開は多く、後続版であるBVE5が正式公開された現在でも引き続き公開中。
ただし、DirectXの問題でVista以降のOSでは動かない。(推奨はされないが一応動作させる方法はあり)

***BVE3 [#v27b3abf]
2003年β版公開。しかし、抵抗制御の再現に失敗したため、正式公開には至らずBVE4に開発移行。
(見た目はBVE2と同じ)

***BVE4 [#h8ff1c7b]
2005年公開。運転画面全面をDirectX化して画質が向上。
新機能は保安装置のプラグイン化、Xファイルのサポート、セクション定義など。
しかし、BVE2同様DirectXの仕様でVista以降のOSに対応できず。BVE5の新規開発が始まる。
また、このころから暴走は良くないと使用を控えるようになり、正式名称が現在の「BVE」となっていく。

***BVE5 [#v9283218]
2008年7月試験版(IM版)公開。2011年9月5日正式公開。正式名称「Bve trainsim」
全面リニューアルされたBVE。
**機能比較 [#dc6e7a9f]
||BVE1|BVE2.6|BVE4.2|BVE5.6|h
|正式版公開年|2000年|2001年|2005年|2011年|
|試験モード|あり|なし|なし|なし|
|対応路線ファイル|rw|csv・rw|csv|txt(map)|
|最大解像度|640×480|640×480|1024×768|モニタ解像度|
|最大表示距離|600m|600m|600m|10000m|
|他線の数|7|15|15|上限なし|
|ストラクチャ数上限|256|65536&br;&size(3){(2.5から)};|65536|上限なし|
|Run/Flange数上限|8&br;&size(3){(1.11から)};|8|8|上限なし|
|分岐器通過音上限|1|1|1|上限なし|
|モーター音数上限|8&br;&size(3){(1.12から)};|16&br;&size(3){(2.6から)};|16|上限なし|
|モーター音和音数上限|2&br;&size(3){(1.12から)};|2|2|上限なし|
|標準対応保安機器|ATS-Sn&br;ATS-P&br;ATC-6型 |ATS-Sn&br;ATS-P&br;ATC-6型 |ATS-Sn&br;ATS-P&size(3){(プラグイン)};&br;1号型ATS&size(3){(プラグイン)};|ATS-Sn&br;1号型ATS&size(3){(プラグイン)};|
|対応ストラクチャファイル|b3d|csv・b3d|csv・X・b3d|X(png対応)|

    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS